Prelude/兆し Flower Installation for Van Cleef and Arpels 心斎橋 / by katagiri atsunobu

                                                                                                                 photo by Kiyoshi Nishioka

                                                                                                                photo by Kiyoshi Nishioka

Prelude/兆し flower installation for Van Cleef and Arpels 心斎橋

日時;2018年2月3日〜2月28日 11:00〜20:00

会場:Van Cleef and Arpels心斎橋 地下一階ギャラリー

住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目10番11号 

TEL:06-6258-2006 


この度ハイジュエリーメゾンVan Cleef &Arpels心斎橋ブティックのオープンに併せて、地下一階に新たに生まれたギャラリースペースで一ヶ月間に渡るいけなばインスタレーションの展示をさせていただく運びとなりました。創業以来、植物の繊細な表情を卓越した技術で美しいジュエリーへと昇華させてきたメゾンの精神を汲み取りながら、春の花々で空間を彩ります。会期中に3回作品が変化します。是非何度も足を運んでいただければ幸いです。


1期:2月3日〜2月9日  2期:2月10日〜2月18日  3期:2月19日〜2月28日


Prelude/兆し

二月の野を行く。踏みしめる大地はいまだ固く、透明で冷たい風が身体を吹き抜けていく。心まで凍るようであたりに命の気配を探すが、春はまだ少し先。足の裏に土の気配を感じながら歩を進める。まだ草の生えていない乾いた土に足音が響く。立ち止まる。足音は大地のなかに響き、振動がやがてむくむくと跳ね返ってくる。振動は土を持ち上げ、地表にひとつの蕾が現れた。蕾が弾けて咲いた音は次々と連鎖し、長いもの短いもの草のもの枝のものそれぞれの違う色彩とリズムが濃密に折り重なっていく。律動が旋律が次第に増幅し絢爛たる終焉をフォルテシモで迎える。春、煌きの季節は一年の生命の営みのはじまりでもある。この会場に居座る大きな土塊を「春のるつぼ」と呼びたい。これから一ヶ月間ここから様々な春の兆しが生まれては消えていくだろう。それはわたしが精一杯写し取ろうとした春の縮図であってほしい。

 

片桐功敦